Customer LogIn
(注)現在このソフトはアーティクルマーケティングご購入者様に
  ボーナスプレゼントとしてご提供させていただいております。

貴方を最強のアーティクルマーケターに変身させる驚愕の新兵器!

貴方のマーケティング活動を軽快に支援する
アーティクルアーカイバーを今日から活用し
良質なトラフィックと熱烈なファンを獲得する!
 

Goodなトラフィック*Goodなリスト*Goodなファン
貴方のビジネスが無限ループのコースターに突入する時!
貴方のアーティクルスパイラルは永遠に止まらない!

 

ブログより簡単お手軽なライトウェイトソリューション
  • アーティクルサイトを簡単構築

  • メルマガのバックナンバーリストを構築可能

  • 著者として記事を提供出来る

  • 発行者として記事を紹介出来る

  • ブログ用インポートデーターを提供する

  • ホームページ用HTMLソースを発行する

  • メルマガ用テキストを発行する


 

"あなたのアーティクルが加速する3つの理由"

あなたは、まだきっとアーティクルという新しいコンセプトが本当に受け入れられるのか不安に思っているのではないでしょうか? でも大丈夫です。安心して下さい。今から私がお話する3つの理由を聞けばきっと納得出来るでしょう。 その1:2007年には、アーティクルディレクトリが次から次へと立ち上がります。 そう、検索エンジンがヤフー1つでは済まなかったように大中小と様々な規模様々なテーマでアーティクルディレクトリが乱立します。 つまり一度あなたの書き上げたアーティクルは2度でも3度でも再利用が可能となります。 貴方のアーティクル露出度とバックリンク数増加の可能性は、100倍にも1000倍にも膨れ上がります。 その2:アーティクル活用ノウハウ、ソフトやスクリプトが次々登場します。 この事が何を意味するのでしょうか?これは、パブリッシャー(発行者)の数が膨大に膨れ上がる事を意味しています。 アーティクルを利用する事のメリットをより深く理解し、より簡単に活用出来る環境が急速に配備されます。 その3:サーチエンジンインデックスの限界を超える。 私は、良くこんな話を耳にします。「ブログで一度書いた記事を再利用しましょう。」 はい、これはとても良い事だと私は思います。複数のブログサービスとドメインを所持し記事と投稿していくという方法です。 何故このような事が流行り出したのでしょうか? その答えの一つは、グーグルインデックスにあ ります。 キーワード検索された時に表示される検索結果出力ページがあ りますが、このページに表示される時に キーワードマッチしたページを貴方が複数所有していたとしても表示されるのは1ドメインに付き2つまでと決められているからです。 つまり、どんなに頑張っても検索結果のページ内に表示される貴方のページ数は2つが限界という事になります。 これを回避する為に複数ドメインでの展開が注目されるようになってきました。 さて、話をアーティクルに戻すとしましょう。 あなたのアーティクルが沢山の人に利用されるようになったらどうなりますか? ちょっと創造してみて下さい。 これは、パブリッシャーの方々にとっては悪い表現方法かも知れません! あなたは、お金をかけずに無制限で沢山のドメインを占拠してしまう事が可能となるわけです。 そう、貴方のハイクオリティーなコンテンツをパブリッシャーは、使わずに要られなくなるというわけです。 貴方の書き上げたコンテンツは、 複数のドメインを跨ぎサーチエンジンインデックスの限界を超え隅々まで浸透していく事でしょう。

KenichiOoba

 


Date: 日付
From:
大場賢一

アーティクルマーケティング
アーティクルディレクトリには、アーサー(著者)と呼ばれる情報発信者の手によって日々様々なテーマの記事が投稿されています。それらの記事の中からパブリッシャー(発行者)がブログやメルマガ、イーブック、レポートなどメディアを使ってエンドユーザー(読者)に情報発信出来るという構図で成り立っています。

2006年に響き始めた、この地殻変動は、ジワリジワリとインタネットマーケターを巻き込み始めています。貴方が今日から今すぐアーティクルマーケティングを実践し始める事は将来に渡るビジネス展開において最も賢い選択だと私は思います。

日本初のアーティクルディレクトリ「ヴァイラルアーティクル」がランチしてからというもの、マーケットの動きに少しずつ変化が起こり始めました。これまでダイレクトメールマーケティングなどプッシュ型の集客方法に専念していたインタネットマーケターが徐々にプル型のアーティクルマーケティングにシフトし始めました。当然ですが多くのマーケター達はメディアミックスという形でメルマガによる押しの集客方法も残しつつ試験的にアーティクルマーケティングを実践し始めているという事です。

 

なぜ、そのような動きになってきているですか?

 

はい、その答えの一つは、プッシュ型のダイレクトメールマーケティングに限界が見え始めたからです。スパムメールの弊害、一人あ たりのメルマガ平均購読数の上昇、無料レポートオファーによるメルマガ購読の強要などなど、

このような状況になってくると先ほど申し上げたようにメディアミックスを駆使してメルマガ、ブログ、SEO、PPC広告などなど、あ りとあらゆる手段をもって集客活動していく必要があります。

そんな時に登場したのがアーティクルマーケティングです。

あなたがアーティクルマーケティングを駆使する事で以下のような効果が期待出来ます。

1:ターゲット化された見込み客を集客する事が出来る!
2:バックリンク(被リンク)を自然な形で増加させる事が出来る!
3:自身のコピーライティング力向上に繋げる事が出来る!
4:貴方が望む特定の分野においてスペシャリストとしての地位を獲得出来る!
5:自身のドメインのページランクアップの期待が出来る!

 

段々あなたは、アーティクルマーケティングの魅力に引かれ始めたはずです!

 

ちょっと待って!

アーティクルマーケティングの素晴らしさは分かったけど、私にはクールな記事を書くセンスもスキルもございません。

 

ご安心下さい!アーティクルジェネレーターはパブリッシャー(発行者)として他の人が書いてくれた記事を紹介する事も出来るようになっています。他の人が書いた良い記事を紹介しながら貴方も少しづつ書く事に慣れていけば良いと思います。何事もよく読みよく書く事です。その繰り返しの地道な努力があなたの血となり骨となり、やがて貴方のビジネスにプラス反応するようになっていくと私は思います。

いかがですか?

はい、私はアーティクルマーケティングをいち早く取り入れたいと思いました。
しかしここでいくつかの問題が発生しました。

1:私は、更新作業に時間をかけたくありません。
2:私は、複雑なツールの使い方をマスターする為に時間を取られたくあ りません。
3:トラックバックやコメントまわりなど地道な努力が苦手です。

やれやれ、それでは次の項で、このツールの特徴をもう少し詳しく見ていく事にしましょう。


2006年の最新トレンド!アーティクルマーケターを味方に付けて貴方のビジネスを強化するSAIDAIのチャンスです!

アーサーとして記事を提供する。
パブリッシャーとして記事を紹介する。
ニュースレターのアーカイバとして使う。
メルマガのバックナンバーリストを製作する。

アーティクルジェネレーター1つで全て実現可能です。

1:更新作業がとても簡単です
2:本当に必要な機能しかありません。使い方を新しく覚えるという作業があ りません。
3:アーティクルマーケティングという最新の集客術を実践する為のツールとして最適です。

  • 更新作業がとても簡単 - 掲示板に投稿するのと同じ感覚で記事を追加する事が出来ます。複雑怪奇なアイコンや貴方を迷わすような余計なボタンは一切あ りません。記事本文のURLは自動認識してアクティブリンクを作成するので余分な手間がかかりません。
  • 皆で更新出来ます - パブリックモードを選択すると誰でも記事を追加出来るようになります。アーティクルでは無く宣伝用のニュースセンターとして使う事も可能です。
  • 特定のグループで更新出来ます - プライベートモードで投稿パスワードを特定のメンバーにだけお知らせすれば仲間うちだけでグループ更新が可能となります。
     
  • 発行者ツールでブログ用データーを吐き出します - 投稿された全ての記事をMT(ムーバブルタイプ)でインポート出来るデーター形式に出力します。出力する時にお好きなカテゴリを設定したり紹介コメントを追加する事が出来ます。
  • 発行者ツールでホームページ用HTMLソースを吐き出します - パブリッシャーの方に簡単に更新してもらえるようにホームページ用データーを出力する事が出来ます。
  • 発行者ツールでメルマガ用データーを吐き出します - パブリッシャーの方に簡単にメルマガで利用してもらえるようにメルマガ用データーを出力する事が出来ます。

 


今すぐ注文する!

 

操作がとても簡単で使いやすい、かゆい所に手が届くちょっと気の利いたツール!それがアーティクルジェネレーターです。

それでは、ここでもう一度私が提供するアーティクルジェネレーターの機能について整理しておきたいと思います。
1:ブログよりも簡単にアーティクルサイトを構築出来ます。
2:アーティクル著者として記事を提供する事が出来ます。
3:アーティクル発行者として記事を紹介する事が出来ます。
4:メルマガ、ニュースレターのバックナンバーサイトを構築出来ます。
5:MTインポート用データーを出力する事が出来ます。
6:アーティクルサマリーのメルマガ用データーを出力する事が出来ます。
7:アーティクルサマリーのホームページ用データーを出力する事が出来ます。
8:全ての記事は静的HTMLファイルとしてサーバーに作成されます。


But 残念な事に、このスクリプトはブログのように写真を貼り付けたり後から変更を加えるなど高度な編集モードは付属しておりません。


 

30日間満足保障

商品を購入頂いてから30日間は、いかなる利用があ ろうとも私に返品しますと、一言ご連絡頂ければ購入代金を全額お返し致します。

これから益々急増する事が予想させるアーティクルマーケターを見方に付ける事が出来る最新兵器を誰よりも早く導入して無限のアーティクルスパイラルを貴方のビジネスにスパークして下さい。

このシンプルでありながら、とてもユニークな機能を持つPHPスクリプトを提供するのに本来12600円は頂きたい所です。しかし今回は期間限定特別割引価格の6300円(税込み)で提供させて頂きます。

 

 

アーティクルジェネレーターを貴方の集客兵器の一つに加えて下さい。

今すぐ注文する!

  • PHPが動作するサーバー環境が必要です。

  • データベースは必要ありません。

  • ご利用のレンタルサーバー環境がディレクトリで777のアクセス権 指定が可能な事をお確かめ下さい。

ここをクリックして注文ページへ

 

 

一つ、説明しわすれた機能があ りました。

MTのエクスポート機能ですが、ちょっとだけユニークです。
MT形式でエクスポートされれば様々なブログツール、サービスでの利用範囲が広まる事は承知の事と存じます。

ちょっと嬉しいおまけ機能とは、

アーティクルを書きためていきながら、いつでもパブリッシャーの方に記事全部をブログにインポート出来る形に出力出来る分けなんですが

その時に発行者の方

つまりブログにインポートして利用しようとしている人がメインカテゴリとサブカテゴリの指定、さらに一言コメントを差し込む事が出来るようになっているんです。

ね。

ちょっぴり、嬉しい機能ですね。

 

 

P.S.  追伸


"アーティクルディレクトリ始めの一歩"

おめでとうございます。あなたは、 アーサー(著者)としてアーティクルディレクトリを活用する第一歩を踏み出しました。 この記事を良く読みアーティクルディレクトリとは何であるか?を理解し あなたが何の為に、どのような目的でアーティクルディレクトリを活用してゆけば良いのかを今からお話していきます。 1.アーティクルディレクトリとメルマガ発行スタンドの違い 「メルマガ発行スタンド」にはメルマガ発行者と読者がいます。 「ヴァイラルアーティクル」にも作者と読者がいます。 本当は、この作者と読者の間にパブリッシャー(発行者)がいます。 「メルマガ発行スタンド」は、 メルマガ発行者がコンテンツ(記事)を書き読者に情報発信します。 情報発信は、電子メールという形で読者に到達します。 「ヴァイラルアーティクル」は作家がコンテンツ(記事)を提供します。 パブリッシャー(発行者)がブログやメルマガを使ってこのコンテンツを情報発信する事が出来ます。これは普通の使い方です。 作者>発行者>読者 というふうに情報が流れます。発行者の所で形が変わります。 ブログやメルマガレポートなどですね。 ニュースメディアで例えると新聞、テレビ、ラジオという具合です。 「メルマガ発行スタンド」の場合は、作者の事を発行者と呼びますが事実上発行しているのは「メルマガ発行スタンド」ですね。 発行者はいつも、「メルマガ配信スタンド」という事ですね。 つまり形が自由に変わらないという事です。 この違いが分かりますか? 「メルマガ発行スタンド」が悪いという分けではありません。 それぞれ特徴と役割が違うという事ですね。 「ニュースメディア」をもう一度思い出して下さい。 朝忙しくて、テレビでニュースを見れない人、車で通勤する人はラジオを使ってニュース番組を聴視するでしょう 毎日電車やバスなどを使って通勤する人は、待ち時間や車内で新聞を読んで最新情報を得ます ホームオフィースで仕事をする人は朝食を取りながらテレビのニュース番組を見ている事でしょう 同じ情報でも、このように形を変える事で生活環境の違うエンドユーザーの隅々まで届ける事が可能になる分けですね。 2.アーティクルがあなたのオンラインビジネスにどのように作用するのか? 貴方が著者としてアーティクルを書きパブリッシャーに情報発信してもらう事がどのような結果を生む事になるのでしょうか? あなたは、「知っています」 あなたは、一つの記事を書き上げる事がどれだけ大変な事かを良く理解しています。 頭をフル回転させ、時には用語辞典やリソース情報を調査したり周囲の意見や統計情報を収集したり、、、 情報のインプットとアウトプットのクリエイティブな作業がどれだけ大変で、多大な時間を浪費する事か、、、 あなたは、「気づきます」 ハイクオリティな記事を無料提供する事がパブリッシャー(発行者)にどれだけ大きなメリットを与える事になるのかを あなたは、「築きます」 あなたのハイクオリティな最新記事を今か今かと待ち望んでいる沢山のパブリッシャー(発行者) 貴方が、ひとたび最新記事をアップロードすればネット中を、貴方が精魂込めて書き上げた記事が電光石火の如く駆け巡る事になるでしょう! あなた自身の手で築き上げた地位と名声と信用が、貴方のオンラインビジネスに多大な影響を与える事は間違いあ りません。 3.需要は永遠に無くならない あなたは、良く知っているはずです。 現代人は、何をするにもネットで情報検索する事が習慣になっている事を そして、これは喜ぶべき事なのでしょうか? ブロガーやメルマガ発行者の多くが、棺桶に入りかかっているという現実! 噂によると、とある無料ブログサービスの統計では 6割の新規登録ユーザーが3ヶ月以内に全くログインしなくなってしまうとの事 興味本位でスタートを切っても長期戦略と最初のコンセプトワークがしっかしとしていなければ 結局の所は、何を書いたら良いのか?分からなくなったり 必死に更新していても誰もコメントしてくれなくて寂しくなったりして、すぐにあ きてしまうのです。 数十万人、いや、数百万人のブロガーやメルマガ発行者が貴方のアーティクルを、今か今かと待ち望んでいます。 4.レッツトライ 美しい文章なんて、貴方には似合いません。 貴方の考えている事が相手に伝わるか、伝わらないかが重要であ るという事を再認識して下さい。 文章が苦手な人は、大事な事を全て箇条書きにして、その後で、目の前に相手がいるつもりで 言葉に出して説明してみると、わりと簡単に文章が書けるようになります。 頭の中からダイレクトに文章化出来ない時は、言葉に出してアウトプットすると、うまくゆくようになります。 5.書いて書いて書いて書きまくる あなたは、知っているはずです 文章力の強化が貴方のオンラインビジネスの強化に繋がるという事を 「インプットとアウトプットの繰り返し」 単純にこれだけです。 文章力強化の近道は、沢山読み、沢山書く事です。 これしか方法は、あ りません。

KenichiOoba

 

"オンライン・ビジネスにとってのバックリンクの重要性"

どのようなオンライン・ビジネス・モデルを運営していようと、まず必要なのはトラフィックです。 そして、トラフィックの多くは検索エンジンから誘導されます。 検索エンジンからのトラフィック誘導を最大限利用するには、バックリンク(被リンク)が必要です。 とにかくたくさんのバックリンクを獲得しなければなりません。 さまざまなリンク手法 検索エンジン最適化(SEO)対策にあまり慣れていない初心者は、 リンク手法の話しになると、とまどってしまうことが多いようです。 そこで、最も有効なリンクを獲得する方法を説明する前に、リンク対策の種類についてひととおり説明しておきましょう。 1. 一方向リンク 最も有効な種類のリンクと見なされています。 一方向リンクは、あなたのサイトに他のサイトがリンクしている状態です。 自サイトから相手サイトへリンクバックする義務はありません。 2. 相互リンク 他のWebサイトからのリンクを獲得する代わりに、 相手サイトへのリンクを自サイトのページに表示することを相互リンクといいます。 一般に、「検索エンジンは相互リンクを好まない」と考えられていますが、後で説明するように、これは真実ではあ りません。 3. 三角リンク 相互リンクにペナルティが課せられるのを懸念し、多くのWebマスターは三角リンクを利用しています。 つまり、サイトAがサイトBへリンクし、サイトBがサイトCへリンクし、サイトCがサイトAへリンクする方法です。 4. マルチリンク 三角リンクと同じですが、多数のWebサイト間でリンクを設定します。 できる限り、一方向リンクの獲得を目指してください。リンクの中でも、一方向リンクが最も高く評価されます。 一方向リンクを獲得する方法 従来は、他のWebマスターに依頼して、自サイトへのリンクを表示してもらう方法が取られていました。 しかし、その後インタネットは進化し、現在では「もちつもたれつ」の世界になっています。 他のWebサイトにリンクを表示してもらいながら、相手サイトのWebマスターに相応の見返りを与えないわけにはいきません。 しかし、一方向リンクの獲得という意味では、次のような戦略が効果的であ るとされています。 堅実なコンテンツ。Webマスターは常に良質な情報を求めています。 独自性の高い情報があれば、当然、その情報にリンクしたいと考えるでしょう。 情報を伝えるのはコンテンツです。独自性の高い情報を、説得力のあ る明確な方法で提示できれば、 多くのWebマスターからのリンクを容易に獲得できます。 「アーティクル・マーケティング」 さらにWebマスターは、鮮度の高いコンテンツを常に探し求めています。 Web上の多数のアーティクル・ディレクトリから必要なコンテンツを入手する場合も少なくあ りません。 これらのアーティクルを複製するときは、挿入されているリソース・ボックスをそのまま使用することが条件となります。 したがって、あなたのアーティクルを利用したすべてのページに、あ なたのWebサイトへのリンクが表示されることになります。 「アフィリエイト・プログラム」 デジタル製品を販売する場合は、製品販売ページに誘導するアフィリエイトリンクを追加するアフィリエイトプログラムを利用出来ます。 これらのリンクにはあなたのWebサイトのドメイン名が表示されるので、自サイトへのバックリンク(被リンク)が自然増殖する事になります。 「バックリンク獲得が必要な理由」 Webサイトのトラフィックの80%は検索エンジンからの誘導です。 したがって、検索エンジンの結果ページで、自サイトが上位に掲載されるほど訪問者の数が増えます。 検索エンジンスパイダー(クローラー)は、Webサイトをインデックス登録するための小型ロボットです。 このスパイダーでいかに高く評価されるかをめぐり、Webマスターたちは日々しのぎを削っています。 自サイトを検索エンジンに登録するためには、まず、スパイダーにWebサイトを見つけてもらわなければなりません。 スパイダーは、設定されたバックリンク(被リンク)をたどってあなたのWebサイトを見つけ出します。

KenichiOoba